《27年度雀躍会》

平成27年度雀躍会開催日一覧表
◆第91回例会◆
元旦から成人の日までは“暖冬”という予報通り暖かい日が続きましたが、以降は例年並みの寒さが戻ってきました。そして開催前日には(寒波+南岸低気圧)という気圧配置により都心でも数センチの雪が積もって、交通機関の乱れや滑って転倒事故等がニュースで報じられました。
開催日である19日(火)への影響が心配されましたが、予定されたメンバー全員が定時には揃い、新年初回の雀躍会が6卓(24名)で開催されました。

【結果報告】

優勝:(M.Sさん)
1回戦(23点)2回戦(-6点)3回戦(23点)4回戦(21点) 合計得点(61点)
3回戦終了時点ではトップと“22点差“の2位となって最終局を迎えましたが、百戦錬磨のしぶとさを発揮して逆転。成績上位の常連なので優勝は珍しくないと思って記録を探ってみると第57回以来、久々3年ぶり5回目の優勝でした。

2位:(T.Mさん)
1回戦(-5点)2回戦(15点)3回戦(52点)4回戦(-4点) 合計得点(58点)
最終局をトップで迎え新年早々の優勝に王手をかけましたが、結果的には“3点差“の2位に甘んじることになってしまいました。残念。

3位:(N.Mさん)
1回戦(-6点)2回戦(-4点)3回戦(18点)4回戦(32点) 合計得点(40点)
1回戦、2回戦とマイナススタートで最終局も2卓(8位)からでしたが、区間賞となるトップを獲得し3位に食い込みました。

◆平成27年の年間表彰が行われました
・雀王…N.Mさん
・女流雀王…S.Kさん
雀躍会が平成20年に活動開始して以来、8代目の雀王となりました。雀王には毎年違うメンバーがなっており、まだ雀王を2回獲得したメンバーはいません。
皆勤賞は14名でした。


◆第90回例会◆
開催日である 12月15日、2015年の世相を表す今年の漢字に「安」が選ばれ清水寺の森清範貫主が揮毫しました。雀躍会で漢字一文字を選ぶとしたら、麻雀ですから「勝」も思い浮かびますが、やはり「健」とか「楽」といった一文字を選びたいものです。
このところ新しいメンバーが増えず毎月のようにメンバー集めに苦戦する状況でしたが、今回は初参加が2名となり久々に7卓(28名)が揃って、活気に満ちた回となりました。

【結果報告】

優勝:(H.Mさん)
1回戦(21点)2回戦(21点)3回戦(23点)4回戦(30点) 合計得点(95点)
数年ぶりに牌に触れるので感覚を忘れてしまっているのでは…と始まる前は不安もあったようですが、スタートしてみると往年の実力満開。4回戦のすべてでトップを獲得し「初参加、初優勝」となりました。雀躍会で32人目の優勝者となります。

2位:(S.Nさん)
1回戦(-4点)2回戦(2点)3回戦(27点)4回戦(39点) 合計得点(64点)
最終局は6位からのスタート。好調に点棒を積み重ね区間賞となるトップを獲得し、終わってみたら2位まで浮上していました。

3位:(Y.Iさん)
1回戦(28点)2回戦(-14点)3回戦(36点)4回戦(-2点) 合計得点(48点)
最終局は2位からのスタートでトップを獲得すれば年間最優秀(雀王)に手の届くところまで来ていましたが、残念ながら失速してしまいました。

◆役満(大三元)の和了がありました(N.Oさん)
雀躍会として28回目の役満です。【四暗刻…14回、国士無双…5回、小四喜…4回、大三元…5回】
役満和了回数
4回…N.Oさん(大三元、小四喜、四暗刻、大三元)
3回…T.Sさん(小四喜、四暗刻、国士無双)、M.Tさん(四暗刻、四暗刻、大三元)

次回の開催では平成27年の年間表彰が行われます。はたして年間最優秀(雀王)は誰の手に…


◆第89回例会◆
ひと雨ごとに秋から冬へ季節が進んでいきますが、当日は朝方まで降っていた雨もすっかり上がり気温も20℃近くまで上昇して「小春日和」と言ってもよい日となりました。
参加者数“23名“で、4の倍数である6卓24名には、あと1名の不足となり5卓での実施となってしまいました。

【結果報告】
優勝:(T.Oさん)
1回戦(13点)2回戦(23点)3回戦(-10点)4回戦(18点)合計得点(44点)
最終局は4位からのスタート。小競り合いが続くなかトップを争っていたメンバーを直撃する満貫を和了し、トップを獲得するとともに優勝まで引き寄せました。
平成25年11月以来久々の通算7回目の優勝となりました。7回は最多優勝回数のタイ記録です。

2位:(H.Hさん)
1回戦(-22点)2回戦(32点)3回戦(13点)4回戦(20点)合計得点(43点)
最終局は2卓(5位)からのスタートで好調に点棒を積み重ね、終わってみたら2位。しかも優勝スコアーとは1点差というところまで…惜しかった!

3位:(T.Sさん)
1回戦(-22点)2回戦(27点)3回戦(37点)4回戦(0点)合計得点(42点)
3回戦で役満を和了し最終局を迎えましたが、もう一つ波に乗れず原点(0点)に終わりました。最終局面で和了した際に「裏ドラがあれば」とか「ツモで和了だったら」とか…もう一歩及びませんでした。

◆役満(国士無双)の和了がありました(T.Sさん)
雀躍会として27回目の役満です。
【四暗刻…14回、国士無双…5回、小四喜…4回、大三元…4回】


◆第88回例会◆
10月に入り、秋空が広がる日中は暖かくても、朝晩はぐっと冷え込み肌寒く感じるようになりました。こういった季節の変わり目というのは体調を崩しやすいと言われていますので、メンバーの体調を心配していましたが、そんな不安が的中してしまいました。6卓(24名)の予定が5卓(20名)となってしまいました。

【結果報告】
優勝:(T.Mさん)
1回戦(28点)2回戦(-19点)3回戦(23点)4回戦(38点)合計得点(70点)
最終局は首位と20点差の3位スタートでしたが、区間賞となるトップを獲得し通算2回目の優勝を飾りました。初優勝は同点優勝だったので初の単独優勝となりました。

2位:(S.Nさん)
1回戦(0点)2回戦(35点)3回戦(-12点)4回戦(26点)合計得点(49点)
2回戦で区間賞となるトップ、3回戦では伸び悩んで、最終局6位でのスタートとなりましたが、そこでトップを獲得し終わってみれば2位に食い込んでいました。

3位:(K.Kさん)
1回戦(44点)2回戦(1点)3回戦(-1点)4回戦(-5点)合計得点(39点)
最終局を首位とは8点差の2位で迎え、久々に優勝を狙える位置からのスタートとなりましたが、ツキにもめぐまれず3位に終わりました。

◆「記録維持賞(開催15回にわたり破られない記録)」の表彰がありました◆
昨年6月(第73回)の2回戦最多得点“78点”が、記録維持賞となりました。
各区間での記録は以下の通りです。
1回戦:62点(M.Sさん)、2回戦:78点(N.Mさん)、3回戦:64点(T.Tさん)、4回戦:69点(M.Sさん)
合計最多得点:136点(N.Kさん)、合計最多失点:-112点(K.Kさん)


◆第87回例会◆
開催3日前の早朝に、東京都内で震度4を観測した地震があり大きな揺れで跳び起きた人も多かったように思いますが、開催中にその話をしていたら、すでに起きていたというメンバーが何人もいたということでチョット驚かされました。

【結果報告】
優勝:T.Sさん
1回戦(-7点)2回戦(22点)3回戦(21点)4回戦(14点)合計得点(50点)
最終局は2位からのスタート。小競り合いが続くなか制限時間を迎えた最終局面で満貫を和了し、逆転でトップを獲得するとともに優勝まで引き寄せました。
今年3回目、通算では4回目の優勝となりました。ただ年間成績は現時点では2位に甘んじています。

2位:Y.Kさん
1回戦(24点)2回戦(25点)3回戦(10点)4回戦(-15点)合計得点(44点)
3回戦まで順調にプラスを積み重ね、4回戦を1位で迎えました。最終局面でもリーチをかけ優勝目前でしたが、なんと痛恨の満貫の打ち込み。最終的には優勝者とは6点差、残念無念…。

2位:M.Sさん
1回戦(4点)2回戦(-8点)3回戦(23点)4回戦(25点)合計得点(44点)
最終局は7位(2卓)でのスタートでしたが確実に和了を重ねてトップを獲得し、1卓の上位陣がもたついている間に同点2位に浮上しました。

◆役満(大三元)の和了がありました(Y.Iさん)。
◆年3回の優勝は平成21年のK.Nさん、平成22年のN.Mさんに続いて3人目です。年4回の優勝というのはまだありません。


◆第86回例会◆
会場に順次集まってきたメンバーの話題は、この日が決勝戦となった夏の高校野球。多くのメンバーが心情的に東北勢の初優勝を応援しており、半荘ごとに途中経過を聞いたりしていました。甲子園は、接戦ながら前評判の高かった東海大相模高校の優勝となり、東北勢の初優勝はまたも持ち越しとなってしまいました。一方こちらの雀躍会はというと、やはり古豪の優勝となりました。

【結果報告】
優勝:K.Nさん
1回戦(12点)2回戦(-6点)3回戦(39点)4回戦(26点)合計得点(71点)
大きなトップはありませんでしたが、安定した打ち方で点数を積み重ねました。最終局は3位からの逆転で、今年に入って2回目通算では6回目の優勝を飾りました。

2位:T.Oさん
1回戦(38点)2回戦(-4点)3回戦(-18点)4回戦(48点)合計得点(64点)
1回戦で区間賞を獲得し波に乗るかと思われましたが、そのあとはマイナスが続き8位となりました。4回戦で本日2回目の区間賞となる大きなトップを獲得し猛追しましたが、一歩及ばず2位となりました。結果的には3回戦のマイナスが響きました。

3位:H.Cさん
1回戦(19点)2回戦(1点)3回戦(52点)4回戦(-18点)合計得点(54点)
3回戦まですべてプラス、しかも3回戦は区間賞となるトップを獲得し、4回戦を1位で迎えることになりましたが、失速してしまい、終わってみれば3位に甘んじる結果となりました。

◆これまでの優勝回数について
7回:E.Nさん
6回:K.Nさん(今回優勝者)、T.Oさん(今回2位)、H.Fさん、N.Mさん


◆第85回例会と暑気払い◆
台風11号が17日に四国に上陸し列島を駆け抜けた後、19日には関東地方は梅雨明けとなりました。 以降は夏本番といった感じで猛暑日一歩手前の真夏日が続く中、予定されたメンバーが全員元気に顔をそろえ、雀躍会の第85回例会が5卓(20名)で開催されました。

【結果報告】
優勝:S.Nさん
1回戦(-8点)2回戦(52点)3回戦(27点)4回戦(-12点)合計得点(59点)
2回戦で区間賞となる大きなトップを獲得し、3回戦終了時点では2位と25点差で最終局を迎えました。が、なんとその4回戦は1回も和了できない、いわゆる“ヤキトリ”を喫してしまいました。危なかいところでしたが貯金がものを言い、優勝を勝ち取りました。1年ぶりとなる2回目の優勝です。

2位:T.Mさん
1回戦(-3点)2回戦(21点)3回戦(15点)4回戦(21点)合計得点(54点)
3回戦終了時点でトップとは38点差がついた3位で1卓に臨み、そこで接戦をものにしてトップを獲得しました。しかし、わずかに届かず2位になりました。

3位:S.Sさん
1回戦(19点)2回戦(2点)3回戦(-9点)4回戦(28点)合計得点(40点)
4回戦は2卓(7位)での戦いとなり上位入賞は眼中にないようでしたが、終わってみれば3位に食い込んでいました。

◆例会終了後に「暑気払い会」を開催しました。13名の参加者を得てオジサン談義に話が盛り上がっていました。


◆第84回例会◆
雀躍会は室内とはいえ会場との往復もあり、雨が降らない方が良いので天気予報は気になる。梅雨のこの時期の予報は難しいようで、ころころ変わることが多い。1週間前には曇りの予報だったのが2~3日前に傘マークがつき、前日には傘マークが小さくなり、そして当日はどうにか曇りの一日となった6月16日に第84回例会を開催した。

【結果報告】
優勝:Y.Iさん
1回戦(9点)2回戦(-17点)3回戦(32点)4回戦(39点)合計得点(63点)
出足の1、2回戦は良くなかったが、3、4回戦と続けて区間賞を獲得し、3回戦終了時点の5位(2卓)から逆転で3回目の優勝を飾った。

2位:N.Mさん
1回戦(-7点)2回戦(41点)3回戦(24点)4回戦(2点)合計得点(60点)
最終局で終了時間も迫り、この場を切り抜ければ優勝という局面を迎えたが、そこでなんと痛恨の打ち込みをしてしまい、優勝が手中からスルリとこぼれ落ちてしまった。

3位:E.Nさん
1回戦(9点)2回戦(-11点)3回戦(0点)4回戦(44点)合計得点(42点)
3回戦終了時点でトップとは差がついた4位で1卓に臨み、そこで接戦をものにしてトップを獲得したものの、届かず3位となった。

◆役満(国士無双)の和了(K.Kさん)


◆第83回例会◆
季節外れの台風6号が通過した後、連日の夏日となった5月14日(木)に雀躍会の第83回例会が開催されました。昨年8月以来久々の参加となったメンバーも含め、6卓(24名)での競技となりました。

【結果報告】
優勝:H.Fさん
1回戦(37点)2回戦(-10点)3回戦(32点)4回戦(-17点)合計得点(42点)
1回戦および3回戦と2回の区間賞を獲得し、楽に逃げ切るかに思えましたが4回戦でまさかの失速。しかし結果はどうにか踏みとどまり、“6度目の優勝“を飾りました。

優勝:H.Hさん
1回戦(-5点)2回戦(19点)3回戦(5点)4回戦(23点)合計得点(42点)
過去に2位・3位は獲得していますが、今一歩優勝には手が届きませんでした。今回、3回戦終了時点でトップとは40点差の2卓(5位)で最終局を迎え、そこでトップを獲得し参加52回目での念願の初優勝となりました。32人目の優勝者です。

優勝:T.Sさん
1回戦(9点)2回戦(-11点)3回戦(0点)4回戦(44点)合計得点(42点)
最終4回戦が4卓(15位)でのスタートとなりました、上位が伸び悩む間隙を突き、鋭い追込みで2か月連続の同点優勝(3回目の優勝)に届きました。

◆初の3名同点優勝となりました(2名の同点優勝は過去3回)。
◆過去最大の逆転優勝(4卓:15位から)を成しました。
◆次回T.Sさんが、会として初の3連覇に挑戦となります。


◆第82回例会◆
4月ってこんなに雨の日が多かったかなと思うほどぐずついた天候が続いていて、当日も雨でした。
このところ6卓(24名)もしくは7卓(28名)での開催が続いており、平成22年2月以来の少人数、5卓(20名)での開催となってしまいました。

【結果報告】
優勝:M.Iさん
1回戦(-21点)2回戦(53点)3回戦(45点)4回戦(-8点)合計得点(69点)
半荘4回のうちマイナスが2回、プラスが2回でした。プラスの時がともに区間賞となる大きなトップで、その貯金を守って平成22年1月以来となる本当に久々の2回目の優勝となりました。

優勝:T.Sさん
1回戦(20点)2回戦(19点)3回戦(16点)4回戦(14点)合計得点(69点)
区間賞は取れなかったものの4回ともトップをとり、3回戦終了時点の22点差を追いついて平成26年1月以来2回目となる優勝を飾りました。

3位:H.Hさん1回戦(-3点)2回戦(-16点)3回戦(27点)4回戦(45点)合計得点(53点)
3回戦終了時点では8位で4回戦は2卓での戦い。区間賞となるトップを獲得して、終わってみれば3位に食い込んでいました。

◆役満和了(四暗刻)がありました(M.Sさん)。
今年初となる役満和了がありました。雀躍会として24回目(15人目)の役満です。
【四暗刻…14回、小四喜…4回、大三元…3回、国士無双…3回】
◆同点での2名優勝となりました。2名の同点優勝は今回で3回目です。


▼ 平成26年度の「雀躍会」はこちら

カテゴリー: 自由時間倶楽部 活動報告   タグ: ,   この投稿のパーマリンク