事業計画・報告

平成28年度 事業活動計画書

生活・福祉環境づくり21は設立以来、すべての生活者が安心して安全にいきいきとした生活を営める高齢社会の実現を目指して様々な事業を展開してきた。
今年度は団体の最終年として主要事業の他団体等への移管を円滑に進めるとともに、円満な解散に向けた取り組みを推進する。

- 平成28年度重点事項 -
・人口減少・少子高齢社会という現状の中で、会員企業の事業展開に資するための様々な仕組みの構築と活動支援
・団体の円満な解散に向けた取り組み
・「ジェロントロジー検定」試験の普及促進と移管手続き
・福祉住環境整備に関する各分野の活動の一本化を支援
・環境社会検定試験(eco検定)運営に対する協力および合格者(エコピープル)の活動支援に関する事業の企画・実施
・会員企業の活動支援と会員相互の交流促進

1.生活・福祉環境づくり21の運営に関する事項
(1)通常総会の開催
(2)理事会の開催

2.生活・福祉環境づくり21の活動に関する事項
(1)行政、生活者、関連団体等との連携に関する事業
・行政との連携
・東京商工会議所との連携
・福祉住環境コーディネーター協会との連携
・関連団体との連携
・その他、行政、生活者、関連団体等との連携に必要と認められる事業

(2)情報収集・提供機能の強化に関する事業
・会員のニーズに沿った内容の講演会、説明会、視察会等の開催
・その他、本団体の趣旨に沿い、情報収集・提供の強化に必要と認められる事業
(3)シニア世代の社会参画支援事業
・「自由時間倶楽部」運営
・その他、本団体の趣旨に沿い、シニア世代の社会参画支援に必要と認められる事業

(4)福祉住環境整備に関する活動支援事業
・福祉住環境サミットの開催協力
・その他福祉住環境整備に関する支援活動

(5)広報・PR事業
・「ジェロントロジー検定」の普及促進活動の実施
・ホームページ運営
・関連イベントへの参加
・その他、本団体の広報・PRに必要と認められる事業

(6)人材育成事業
・「ジェロントロジー検定」試験の施行
・「ジェロントロジー検定」試験合格者支援に関する事業の実施
・福祉住環境コーディネーター検定試験運営に係わる業務受託
・福祉住環境コーディネーター検定試験受験対策セミナーの開催
・福祉住環境コーディネーター協会運営に対する業務協力
・環境社会検定試験(eco検定)合格者=エコピープルの活動支援に関する業務受託と自主事業の策定、運営
・その他、本団体の趣旨に沿い、実施が必要と認められる人材育成関連の事業

(7)会員交流事業
・ビジネス研究会の企画、運営
・その他、本団体の趣旨に沿い、実施が必要と認められる会員交流に関する事業

以上

 

平成27年度 事業活動実績 【概要】

pdfファイルはこちら