header_logo
header_suport

gnavi01 gnavi03

image0101

「ジェロントロジー検定試験」は、一人ひとりが、楽しく心豊かにいきいきとした人生を全うするための知識を、

世代を超えて多くの人が共有することで、互いに思いやり支えあう<いきいき高齢社会>を築いていきたいという想いから企画されました。

少子高齢社会というこれまでに体験したことのない社会構造の中で<いきいき高齢社会>の実現を目指すには、

高齢者と高齢社会について学ぶ老年学(ジェロントロジー)の正しい知識と、様々なフィールドにおける知識・技能とのコラボレーションが必要です。

「ジェロントロジー検定試験」知識検定試験は、各種国家資格をはじめとして、高齢社会対応に資する民間資格・検定制度と連動させて、

<いきいき高齢社会>のためのプロフェッショナルな人材<ウェルビーイング・コンシェルジュ>を認定します。

認定された方々は、ご自身の現在のお仕事を高齢社会対応という新しい側面でも活かしていただくとともに、

高齢社会・日本が抱える様々な課題の解決に向けた活躍も期待されます。

<いきいき高齢社会>の中核的人材となる「ウェルビーイング・コンシェルジュ」を目指して、「ジェロントロジー検定試験」知識検定試験に挑戦してみませんか。

柴田先生写真

本検定試験の展開

国家資格や高齢社会対応に資する民間資格等を持っている方は、本検定を受験・合格した後、

ウェルビーイング資格認定委員会が指定する資格や検定試験の登録証・認定証や合格証を提示いただくことで、

ウェルビーイング・コンシェルジュの認定・登録の申請をすることができます。

ikiiki_image_1ikiiki_image_btn

ジェロントロジー検定試験 出題例

過去の出題例を載せておりますので、ご参照ください。


tacnews

「ジェロントロジー検定試験」合格者の中で、「いきいき高齢社会」づくりに、その知識や技能を活かせる各国家資格保持者、認定対象となる民間資格と検定の資格保持者・検定合格者の方を、ウェルビーイング資格認定委員会において、<ウェルビーイング・コンシェルジュ>として総称、認定・登録します。

wbc申請書類

認定・登録

ウェルビーイング・コンシェルジュの認定・登録には、以下二つの条件が必要です。
1.生(いき)・活(いき)知識検定合格者(ウェルビーイング・ピア)
2.各種国家資格または高齢社会対応に資する国家資格・公的資格(介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、訪問介護員、管理栄養士など)、また主催団体の賛同が得られた民間資格・検定試験の資格保持者・検定試験合格者(下表参照)
上記2つの条件に該当する方が、所定の届により申請することによって、認定・登録されます。認定・登録された方には、認定カード(携帯用)を発行します。
(認定・登録料:5,000円)

認定対象となる民間資格・検定試験

●福祉住環境コーディネーター検定試験
東京商工会議所が全国310箇所の商工会議所と共催で施行している検定試験。福祉住環境コーディネーターとは、主に高齢者や障害者に対して住みやすく安全な住環境を提案するアドバイザー。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を有し、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについても知識を持ち、まちづくりの範囲までアドバイスできます。
●環境社会検定試験(eco検定)
東京商工会議所が全国257箇所の商工会議所と共催で施行している検定試験。生活に密着した幅広い環境問題の基礎的知識を獲得し、その知識を実際の生活に活かす、あるいはさらなるスキルアップで社会に役立つ環境人材を目指す人材を育成。また、合格者(エコピープル)には、受験によって身につく環境マインドを、周囲の人や社会に伝播していく役割も期待されています。
●カラーコーディネーター検定試験
東京商工会議所が全国194箇所の商工会議所と共催で施行している検定試験。色は常に人々の身近に存在し、文化や時代の流れに大きな影響を与えてきたことから、日常生活やビジネスシーンにおいても色の持つ心理的な効果を活かすことができます。また加齢によって視力が衰えた方や障害をお持ちの方にとっても色の使い方は重要になります。
●ビジネス実務法務検定試験
東京商工会議所が全国193箇所の商工会議所と共催で施行している検定試験。企業のコンプライアンスが注目され、多くの企業が「倫理憲章」や「企業行動基準」を策定し、不正や不祥事を未然に防止する活動を積極的に行っている今、ビジネスにおける業務のリスクを察知し、法的にチェックし、問題点を解決に導く法律の知識は、すべてのビジネスパーソンに求められる能力であり、人事異動や採用の際の能力評価の参考にする企業も多い。また当然ながらこの知識は日常生活においても役立つものとなります。
●メンタルヘルス・マネジメント検定試験
大阪商工会議所が2006年から施行している検定試験。働く人たちの心の不調による休職や離職を未然に防止し、活力ある職場づくりをめざすため、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を幅広い分野から体系的に習得する検定試験です。
●シニアライフコーディネーター
特定非営利活動法人 関東シニアアドバイザー協会が、高齢社会の課題を探り、地域を支える活動を実践できる人材として養成している民間資格です。
受験者にはシニア世代、団塊世代、定年を迎える現役社会人などが多くいます。
●認知症ライフパートナー検定試験
一般社団法人 認知症コミュニケーション協議会が施行している検定試験。
認知症ライフパートナーとは、認知症の人に対してこれまでの人生や生き方、価値観を尊重し、日常生活をその人らしく暮らしていけるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人材。認知症の基礎知識とアクティビティ・プログラムをもちいて、継続的に支援することで脳を活性化させ、本人の心身機能や生活の質を高めるために支援していくことが、認知症ライフパートナーの役割となります。
●消費生活アドバイザー
経済産業大臣の認定資格。消費者と企業をつなぎ、消費者の意向を企業に伝え反映させたり、消費者には適切なアドバイスを行う役割を持ちます。消費生活アドバイザーは、企業のお客様担当部門などで消費者からの苦情やクレームといった各種のご相談に応じたり、消費者の声や動向を分析して、消費者の視点から商品開発や新たなサービスの開発に反映させています。また、独自のネットワークを構築して行動している方や、行政の消費者相談業務に携わっている方もいます。
●ファイナンシャルプランナー(F.P)
FPは総合的な資産設計を行う専門家。ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など顧客に関するあらゆるデータを集めて現状を分析します。そして、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、問題や不安を解決するために、顧客の立場で考え、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するファイナンシャル・プランニングを行う専門家です。


 ※上記は、主催団体の賛同が得られている民間資格・検定試験です。この他の資格・検定試験も諸条件を満たし次第、掲載します。


ウェルビーイング資格認定委員会

高齢社会の活性化に向けて必要な資格・検定の主催団体が中心となり構成された委員会。
<委員構成>(平成26年2月1日現在)
日本応用老年学会、特定非営利活動法人 生活・福祉環境づくり21、東京商工会議所、特定非営利活動法人 関東シニアライフアドバイザー協会、日本認知症コミュニケーション協議会。

ウェルビーイング・コンシェルジュ活動報告事例

「エイジング・イン・プレイス」プロジェクト (PDF)   ※別ウィンドウが開きます。

gnavi01

→団体受験を希望または検討されている企業・団体、SFK21会員企業のご担当者様はこちら。